摩擦は肌ダメージになる?化粧品研究者が真相を徹底解説!

肌を擦る行為はダメージに繋がるのでしょうか?本記事では摩擦と肌ダメージの関係性について、現役の化粧品研究者が徹底解説します。
なつなつ(化粧品・皮膚科学の研究者) 2023.04.24
サポートメンバー限定

近年、肌を擦らない(こすらない)美容法がネットやSNSなどで話題になっています。

いわゆる摩擦によって様々な肌ダメージが発生すると言われており、多くの美容インフルエンサーが「肌はこすらないのが重要!」と主張しているのをよく見かけますよね。

しかし肌を擦るだけで本当にダメージが生じてしまうのでしょうか?むしろエステやマッサージのように、肌を擦った方が良い影響がある場合もあるのではないでしょうか?

実は摩擦と肌の関係性についてエビデンスのある情報は極めて少なく、ネット上を探しても信頼性の高い情報はほとんど見つかりません。

そこで本記事では摩擦による肌ダメージの真相について、現役の化粧品研究者が論文等の科学的根拠に基づいて徹底解説します。

  • 摩擦によって肌ダメージは発生するのか?

  • 肌の摩擦に関する研究報告

  • 肌の摩擦に着目したスキンケア方法

主に上記の内容について気になっている方にオススメの記事となっています。

なお本記事は現役の化粧品研究者であるChankさんに執筆頂きました。「肌の摩擦」というこれまでエビデンスが不明確だった領域について幅広く情報をまとめて頂きましたので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは早速解説を始めていきましょう。

***

摩擦による肌ダメージは存在するのか?

この記事を読んでいる皆さんの多くが「摩擦は肌に悪い」という感覚的なイメージをお持ちではないかと思います。

しかし肌を擦る程度で本当にダメージが生じるのか、むしろマッサージやエステに代表されるように、摩擦による肌への良い効果もあるのでは?と考える方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

ネットやSNSを色々と調べてみると、摩擦が肌にどのような影響を与えるのかについては、良い影響・悪い影響含め様々な説があるようです。

そこで本記事では、気になっている方も多い摩擦による肌ダメージの真相について、論文などの科学的根拠に基づいて分かりやすく解説していきたいと思います。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、6747文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・美容の正しい知識が身につく
・最先端の美容情報をお届け
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
サポートメンバー限定
皮膚科学理論に基づく正しい洗顔方法を化粧品研究者が徹底解説
サポートメンバー限定
遺伝に討ち勝つ|肌質改善メソッドを化粧品研究者が徹底解説
サポートメンバー限定
正しい?間違い?スキンケアのギモンを化粧品研究者が徹底解説-Part2...
サポートメンバー限定
日焼け止めは毎日使用するべき?化粧品研究者が結論を徹底解説!
サポートメンバー限定
化粧品研究者が解説|敏感肌でも使えるレチノールのススメ(2024年最新...
サポートメンバー限定
ビタミンCサプリは飲む意味なし!?化粧品研究者が徹底解説
サポートメンバー限定
2024年最新版|優秀成分『ナイアシンアミド』の美容効果と使い方
サポートメンバー限定
正しい?間違い?スキンケアのギモンを化粧品研究者が徹底解説